ホーム > ニュース > 都議会民進党、舛添知事の姿勢、行政執行に関する申し入れを行う。

ニュース

都議会民進党、舛添知事の姿勢、行政執行に関する申し入れを行う。

 

 

 5月13日(金)午前、都議会民進党幹事長尾崎大介(北多摩第3(調布市・狛江市)選出)と政務調査会長斉藤あつし(小平市選出)、民進党都議団政策調査会長石川良一の3名が、舛添要一知事宛に、「知事の姿勢、行政執行に関する申し入れ」を行いました(写真:右から一人おいて、尾崎幹事長、石川民進党都議団政策調査会長)。

 

 

 尾崎大介幹事長からは「知事には、しっかりと説明責任を果たしてもらいたい」と、知事の真摯な対応を求めました。

 


 東京都政策企画局の小池総務部長が対応し、申し入れ文を受け取りました。

 

 

 

                                      平成28(2016)年5月13日

 

東京都知事
舛添要一 様

                                              都議会民進党      
                                              幹事長  尾崎大介
                                              民進党都議団      
                                              幹事長  野上ゆきえ

 

 

          知事の姿勢、行政執行に関する申し入れ

 

 

 知事の海外出張や公用車の使い方、さらに政治資金の使途について、連日報道され、多くの都民から批判の声が寄せられています。
 都政改革を推進し、果断な施策を実行するためには、何より都民の理解と信頼を得ることが極めて大切であり、昨今の状況は、都政の推進力を失わせることにもなりかねないと、大いに危惧しています。
 改めて言うまでもなく、都政のトップである知事においては、都民目線での説明責任があり、法令遵守はもとより、李下に冠を正さずの姿勢が必要です。
 都議会民進党は、都民の理解を得られる知事の姿勢、行政執行を望むものであり、下記の事項について、速やかに実行されるよう強く申し入れます。

 
  
                                                       記
                                 

 


  1 海外出張については、その成果について都民の理解を得ることはもちろんのこと、実施にあたっては、知事自らの決断で一層の経費縮減に努めること。

 


  2 出張費用にかかる情報を公開するとともに、費用計上にあたっての積算根拠、必要性の根拠を明示すること。

 


  3 公用車の利用については、改めて適正な利用を求めるとともに、公務外の頻繁な都外への宿泊については、危機管理の観点から止めること。

 


  4 政治資金については、都民の理解を得られるよう知事自ら説明責任を果たし、使途についても、都民の代表たる自覚をもって十分に精査すること。

 


  
                                                                  以  上


ページトップ