ホーム > ニュース > 都議会民主党、都市長会の予算要望を受けとめる。

ニュース

都議会民主党、都市長会の予算要望を受けとめる。

 

 

 

 

  11月4日(水)、都議会民主党は、東京都市長会より平成28年度予算要望を受けました。

 

 

   東京都市長会は、会長の並木 心羽村市長、副会長の長友貴樹調布市長、清水庄平立川市長、小林正則小平市長、清原慶子三鷹市長、事務局の皆さんが来訪されました。

 

  

  都議会民主党は、尾崎大介幹事長(北多摩第3(調布市・狛江市)選出)、斉藤あつし政調会長(小平市選出)、今村るか議員(町田市選出)、島田幸成議員(西多摩(福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村))選出)、中村ひろし議員(三鷹市選出)の各議員が対応しました(上記写真:東京都市長会の要望書を受け取る尾崎大介幹事長(中央左)と並木 心東京都市長会会長(中央右))。

 

 

 税財政や防災対策、医療・福祉、オリンピック・パラリンピックなど、いずれも喫緊の課題についての重点的な要望についてお話を伺いました。


ページトップ