ホーム > ニュース > 都議会民主党、オスプレイの横田基地飛来に関して要請を行う。

ニュース

都議会民主党、オスプレイの横田基地飛来に関して要請を行う。

 

 

 7月9日(木)、都議会民主党は、台風8号の接近に伴い、米軍がオスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)数機を都内の横田基地に退避させる予定があると都に連絡をしたとのことから、下記の要請を東京都に行いました。

 要請は、石毛しげる幹事長、中村ひろし幹事長代行、島田幸成議員(西多摩選出)が行い、新美大作東京都知事本局基地対策部長が対応しました。部長は、「要請内容については、知事にしっかり伝える」と述べました(上記写真。左から要請を行う島田議員、中村幹事長代行、石毛幹事長と、要請文を受け取る新美部長)。

 

 

 

 

平成26(2014)年7月9日

東京都知事

舛添要一 様

 

都議会民主党   

幹事長 石毛しげる

 

オスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)の横田基地飛来に関する要請

 

 

 去る7月6日、台風接近に伴い、米軍が同日夕方以降、沖縄の基地所在の航空機を本土の基地に退避させる一環として、横田基地にオスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)数機を、退避させる予定がある旨、防衛省北関東防衛局から東京都に連絡がありました。この件については、夕方までに取り消されたと聞いておりますが、オスプレイについては安全性への懸念が未だ払拭されておらず、周辺住民からも様々な意見が寄せられています。

 また、丘珠駐屯地での航空イベントにオスプレイが参加する場合、横田基地を経由するとの報道もなされており、この点についても十分な情報提供や説明は行われていません。

横田基地は、都内6市町にまたがる人口密集市街地にあり、過去にも航空機部品の落下など人命に関わる事故が起きています。都や横田基地周辺市町連絡協議会は、夜間連続離着陸訓練(NLP)の中止や航空機騒音防止対策の更なる推進などを求めているところです。

 そのため、都においても、国や関係機関から早急に情報収集を行うとともに、周辺自治体と連携し、十分な説明なしに飛来することのないように取り組むよう、強く要請します。

 

以  上 


ページトップ