ホーム > ニュース > 都議会第3回定例会始まる

ニュース

都議会第3回定例会始まる

 

 

 

 9月18日(水)から、東京都議会第3回定例会が始まりました。

 

 都からの提出予定案件は、東京都立学校設置条例の一部を改正する条例など条例案8件、契約案9件、事件案1件、諮問1件、専決1件、人事案13件の合計33件となっています。

 

 

 猪瀬直樹都知事からは「2020年オリンピック・パラリンピック東京招致の勝利は、国民皆で勝ち取った宝物、東京だけではない、日本全体のオリンピック・パラリンピックです。」「2020年の東京の先には、少子高齢化、人口減少社会の到来といった、我々の社会や生活の存立そのものを危うくしかねない根本的な問題が横たわっています。根本的な問題にも本腰を入れて取り組むため、「新たな長期ビジョン(仮称)」を12月目途に策定します。」「大規模災害の発生から72時間以内の初動対応など全国からの救援の受け入れを定めた「首都直下地震等対処要領(仮称)」の策定を進めています。」など、議会に対して東京都の方針が述べられました。

 

 都議会民主党は、知事の所信表明などを受けて、東京の様々な課題について議論を行っていきます(上記写真は、猪瀬知事の所信表明を聞く都議会民主党議員ら)。


ページトップ