ホーム > ニュース > 垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの横田基地配備に関しての要請

ニュース

垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの横田基地配備に関しての要請

 

 

 7月31日、「垂直離着陸CV22オスプレイの横田基地配備に関しての要請」(別紙)を、猪瀬都知事宛に提出しました。

 要請は、酒井大史幹事長、石毛しげる議員、島田幸成政策調査会副会長、中村ひろし政策調査会副会長が行いました。

 対応した東京都知事本局基地対策部 新美大作部長は、「都としても寝耳に水」、「国に情報提供を求めていきたい」と述べました。

 

(別紙)
                                                                              

 

平成25(2013)年7月31日

東京都知事
猪瀬 直樹 様

                                                                                          都議会民主党   
                                                                                          幹事長 酒井 大史

 

垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの横田基地配備に関しての要請


 去る7月29日、米太平洋空軍司令官が記者会見時において、米空軍仕様の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの日本での配備先として、新たに米軍横田基地(東京都)も候補地であり、議論されているとの発言がありました。
 横田基地は、都内6市町にまたがった人口が密集した市街地に所在しているため、都や横田基地周辺市町連絡協議会においては、夜間連続離着陸訓練(NLP)の中止や航空機騒音防止対策の更なる推進などを求め続けています。
 また、過去には、横田基地に所属するUH?1Nヘリコプターが相模川河川敷に緊急着陸した事例や、同じく横田基地所属ヘリコプターからのペットボトル落下事故などがあり、周辺住民には航空機事故や部品落下といった人命に関わる事故への不安が続いています。
 こうした状況のなか、新たに垂直離着陸輸送機CV22オスプレイが、横田基地への配備が検討されているとの話は、我が国にとって、突然降って湧いた話であり、昨日、横田基地周辺市町基地対策連絡会構成市町長が、垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの横田基地への配備検討の撤回を求める要請を国宛に提出したことからも、大変遺憾であります。
 都においても、国や関係機関から早急に情報の収集をするとともに、周辺自治体と連携し、周辺住民の不安解消に向け、しっかりと対処していただくことを強く要請するものです。

                                                                        以 上


ページトップ