ホーム > ニュース > 東京改革議員団、100条委員会で福永元副知事らに証人尋問を行う。

ニュース

東京改革議員団、100条委員会で福永元副知事らに証人尋問を行う。


 

 

 

 

 

 3月11日(土)、13時から豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会が開会しました。東京改革議員団を代表して、小山くにひこ委員(府中市選出)が、石原都政下で東京ガス株式会社との交渉担任副知事であった福永正通証人と、中央卸売市場長であった大矢 實証人に対して、都の築地市場再整備に対する石原知事の認識や豊洲への移転を進めていた状況などの質疑を行いました。(上記写真1:福永証人からの答弁を聞く小山くにひこ委員)

 

 

 

Q 石原知事は、知事当選直後の平成11(1999)年4月23日、青島前知事から築地市場の再整備を含めた「知事事務引継書」を受取りました。

  5月13日、石原知事は、宮城哲夫市場長から「築地市場の移転に関する考え方」として「現在地で整備するより、豊洲に移転すべき」との考えを聞き、石原知事自身も築地市場に関する質問を行っています。

 一方で、石原知事は今月3日の記者会見で「就任早々、豊洲移転は規定の路線であるような話を担当の福永副知事から聞いた記憶がある」と移転の経緯を代読させました。

 そこで、福永副知事は、石原知事に築地市場の再整備に関してどのような説明を行っていたのか、そして石原知事は何と言っていたのか、福永証人に伺います。●1

 

 

 

Q 同年8月13日、石原知事は大矢市場長から築地市場に関する説明を受けました。 石原知事へのブリーフィング記録には、石原知事の言葉と思われる「ローリングなんかでやっていられない。移転するしかないな」「築地市場には視察に行く」と記されています。

 9月1日、石原知事は築地市場を視察し「古く、狭く、危ない」と発言し、豊洲への移転が推進されました。視察に同行された大矢市場長は、石原知事にどのような説明をされたのですか、そして石原知事は何と言っていたのか、大矢証人に伺います。●2

 

 

 

Q 石原知事視察の2日後、東京都の理事らが東京ガスを訪れ、豊洲移転へのやり取りが始まっています。

 11月5日、石原知事と上原東京ガス社長が会談を行いました。石原知事は、東京ガス側が東京都による豊洲への築地市場移転計画を聞いていないということで「すぐ市場長をご挨拶に行かせましょう」「きれいな市場ですよ」と会談で言及されました。ご両名はこのことを知っていらっしゃいますか。そして石原知事からどんな指示がありましたか。

まずは福永証人に伺います。●3

次に、大矢証人に伺います。●4

 

 

 

Q 石原知事と上原社長の会談を受け、11月11日、福永副知事と大矢市場長が東京ガスを訪問し、大野副社長、市野常務らと会談を行いました。17日には、大矢市場長が、石原知事に会談内容を説明しました。

そこで、会談の内容と石原知事へはどのような報告をされたのか、そして石原知事は何と言ったのか、大矢証人に伺います。●5 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、あさの克彦理事(練馬区選出)は、東京ガス株式会社からの証人である上原英治元会長、市野紀生元会長、岡本 毅会長、広瀬道明社長、伊藤春野元副社長ら9人に対して、ガス工場跡地の土壌汚染問題や、石原知事と上原社長との会談に関する質疑を行いました(上記写真2:上原証人の答弁を聞くあさの克彦理事)。

 

 

 

  私たちは、引き続き、石原都政における豊洲市場移転に関する問題について真相を究明し、解明していくために、百条委員会における審議を行っていきます。


ページトップ