ホーム > ニュース > 都議会民進党、豊洲特別委で石原元知事招致を決定する。

ニュース

都議会民進党、豊洲特別委で石原元知事招致を決定する。

 

 

 都議会民進党は、豊洲市場移転問題特別委員会(以降、本委員会とする。)において、豊洲市場の移転問題を根本から再検証するには、石原元知事をはじめとした当時の東京都幹部などや、地下水モニタリング調査関係者などを参考人として招致して、直接、聞き取るべきだと1月23日、1月31日、そして、本日2月7日の本委員会で主張しました。

 また、本委員会での目的は、「豊洲市場の移転に関わる諸課題について調査・検討する」としていますが、実際は、豊洲市場の移転の経緯などの審議を行うことができないため、その変更を求めました。その結果、今日、本委員会において全会一致で参考人招致を行うことが決定しました。

 

 

 そこで、都議会民進党尾崎大介幹事長(調布市・狛江市選出)名で下記の談話を発表しました。

 

 

 

 

                                                平成29(2017)年2月7日
                                                                               

 
報道各位


                                                          都議会民進党   
                                                          幹事長 尾崎 大介

 

 

                                                                               

  豊洲市場移転問題特別委員会への石原元知事などの参考人招致について (談話)

 

 

 


 本日、豊洲市場移転問題特別委員会において、私たちが求めてきた石原慎太郎元知事をはじめとした当時の東京都幹部などを参考人として招致することが決定しました。
 都議会民進党は、公の場で豊洲市場移転問題の真実を語っていない石原元知事などの関係者から直接、聞き取りをし、検証すべきだとして、特別委員会での参考人招致を再三求めてまいりました。また、真相を究明するには強制力のある百条委員会の設置が必要不可欠であると、特別委員会や記者会見などで申し上げてきました。
 こうした私たちの取り組みによって、本日、特別委員会において参考人招致が決定したことは大きな前進だと考えます。
 今後、都議会民進党は、特別委員会において、石原元知事らに築地市場から豊洲市場へ移転するにあたっての土壌汚染対策や土地売買などの交渉、なぜ、都議会で築地市場の現在地再整備案を検討中であったにもかかわらず、突然、移転を決断したのかなどの証言を求め、豊洲市場移転問題の真相を究明してまいります。
 都議会民進党は、豊洲市場の移転問題を根本から再検証するには、百条委員会の設置が必要だと考えており、引き続き設置の実現に向けて取り組んでいきたいと考えています。

 

 

                                                                        以  上

 

 

 

 次回委員会は、2月14日(火)10時30分から開会されます(豊洲市場への移転延期に伴う補償スキームと市場問題プロジェクトチーム(第5回会議)について質疑を行います)。

 


 

 

 


ページトップ