ホーム > ニュース > 都議会民進党、東京都予算に対して要望を実施する。

ニュース

都議会民進党、東京都予算に対して要望を実施する。

 

 

 12月21日(水)、都議会民進党は、平成29年度東京都予算に対する要望を行いました(要望全文)。

 

 

 尾崎大介幹事長(調布市・狛江市選出)と大西さとる政務調査会長(足立区選出)、酒井大史団長(立川市選出)、島田幸成政調会副会長(福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村選出)、西沢けいた政調会副会長(中野区選出)、斉藤あつし議員(小平市選出)が、小池百合子知事を訪問し、要望しました(上記写真1:予算要望書を小池知事に手渡す尾崎幹事長と都議会民進党議員団)。

 

 

 まず、小池知事からは「都民ファーストの予算をつくりたい。『自由』『共生』『未来への責任』を標榜している都議会民進党の理念と、私が目指している3つのシティ、安全・安心・元気な『セーフ シティ』、誰もがいきいきと活躍できる『ダイバーシティ』、環境先進都市、国際金融都市として成長を続ける『スマート シティ』は一致する。宜しくお願いしたい」と挨拶がありました。

 

 

 尾崎幹事長からは、予算要望の最重要項目を説明しました(上記写真2:最重要項目を説明する尾崎幹事長)。

 

 

 「予算の見える化は画期的だ。私どもも団体要望を受けており、良いコミュニケーションによって、素晴らしい予算をつくってほしい。それでは、予算要望の最重要事項を申し上げます」

 

 「まず、情報公開の推進です。いつ、だれが、何を決め、何をしたのか、情報が記録として残されていることが、極めて重要です。また公(おおやけ)の文書は、将来も含めた都民共有のものであるという原則を、ルールとして明確化するためにも、公文書管理条例の早期制定を求めます」   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

 「監理団体改革をより一層進めるため、経営目標の設定・達成度評価のプロセスに外部の目を入れることなどを求めるものです」

 

 「現在、労働者の1/3以上が非正規雇用であり、上昇傾向が続いています。所得も正規雇用者の1/3位にしかなりません。こうした中、2022年までに不本意非正規を半減させるという目標達成に向け、正規雇用等転換促進助成事業の拡充など、正規雇用化対策に積極的に取り組むこと、同一価値労働同一賃金の実現に向けて、非正規労働者の処遇改善を図る企業を支援すること、長時間労働の抑制が重要であり、取り組みをすすめる企業への支援など、働き方改革に積極的に取り組むこと、などを求めるものです」

 

 

 「保育サービスの充実では、都内の潜在的ニーズも含めた待機児童をしっかりと把握して、待機児童ゼロに向けた抜本的な取り組みを進めることが重要と考えており、人材確保として、東京都キャリアアップ支援をさらに充実すること、あわせて、キャリアアップのための補助金が保育士の給与改善に結びついているかどうか、しっかりと把握することを求めるものです」

 

 

 「子どもの貧困対策では、全ての子どもが生まれ育った環境に左右されず、安心して教育を受けられるよう、高校生を対象とした、独自の給付型奨学金を創設すること、子どもの居場所創設事業が、都内全域で実施されるよう取り組むこと、などを特に重点として求めます」

 

 

 「環境・快適都市については、住宅の省エネ基準改定にも対応して、住宅の環境性能を向上させるため、既存住宅への高断熱窓導入促進、断熱改修促進、加えて新築を含めたエコハウスの普及促進などに取り組むことを求めます」

 

 

 「都市基盤など、ハードに関する要望ですが、駅のホームドア設置を促進するため、ホームドア整備促進事業、鉄道駅エレベーター整備事業を実施するとともに、オリンピック会場周辺駅へのホームドア整備促進事業ならびにエレベーター等整備事業を実施すること。また、『東京都無電柱化推進計画(第7期)』に基づく、無電柱化の推進。特に、区市町村道も含めた、面的に広がりをもった無電柱化を推進することをお願いします」

 

 

 「最後に、2019年ラグビーワールドカップと2020年東京オリンピック・パラリンピックについてです。2020年大会の成功に向け、組織委員会が整備を行う仮設施設の整備費や警備費、輸送費など主要6項目をはじめとした総経費について国や組織委員会とともに削減などの見直しに取り組むこと、開催計画を都民、国民に向け広く公表することを求めます。開催計画は、大会開催基本計画に基づいた各開催計画・戦略です。組織委員会などとともに取り組んでいただきたいと考えます。費用については、繰り返し申し上げてきていることですが、改めて、強く要望するものです。そして、2019年ラグビーワールドカップ日本大会開催までに、是非とも東京都受動喫煙防止条例を制定することを求めるものです」

 

 

 「各種団体要望は、私たち都議会民進党として、ヒアリングした団体などの要望をまとめたもので、こちらにおきましても、特段の配慮をお願いするものです」と述べました。

 

 

 また、大西政調会長(所得格差を教育格差にしないよう、貧困の連鎖を断ち切ること)や島田政調会副会長(多摩の観光施策の充実)、西沢政調会副会長(監理団体改革など行財政改革の推進)も意見を述べました。

 

 

 

 

 最後に、小池知事からは「一つ一つ精査し、知事査定を行っていく。予算案のご説明も行う。建設的な議論をして、(都議会民進党と)都民ファーストの都政を共につくりたい」と述べ、予算要望を終了しました。

 

 

 都議会民進党は、より都民に開かれた、透明性の高い都政を実現するため、改革を前へ進めていきます。

 

 

 

 

  

 

 

 

 


ページトップ