ホーム > 談話・見解 > 知事の所信表明について(談話)

談話・見解

知事の所信表明について(談話)

                                               平成28(2016)年6月1日

 

 


 


 

                              

                                            幹事長 尾崎大介(北多摩第3(調布市・狛江市))

 

 

 

 

                                    平成28(2016)年 6 月 1 日

 

 

                                              都議会民進党      
                                              幹事長  尾崎大介

 

 


              知事の所信表明について(談話)

 

 


 本日、都議会本会議において、舛添知事が、所信表明を行った。

 

 

 海外出張に関しては「航空機のファーストクラス、宿泊施設のスイートルームは使用しない」と述べたが、すでに私たちも5月13日に要望しており、当然のことと考える。
 また、自身の公私混同疑惑については、「本会議での審議に間に合うよう公表し、説明したい」旨述べたのみで、具体的な事実についての言及が全くなく、説明責任を果たしているとは到底言えない。

 

 

 私たちは、5月20日の談話でも、弁護士など第三者に厳しく調査させると表明した以上、一刻も早く、調査報告書を示し、自らの言葉で、議会・都民への説明責任を果たすことを強く求めてきた。

 

 

 私たち都議会民進党は、都議会の代表質問、一般質問での質疑を通じ、また、総務委員会における一問一答形式での質疑などを通じて、舛添知事の公私混同疑惑を徹底的に追及していく。

 

 

                                                              以  上 

 

 


ページトップ