ホーム > 談話・見解 > 調布飛行場離陸小型飛行機による墜落事故の再発防止に関する談話

談話・見解

調布飛行場離陸小型飛行機による墜落事故の再発防止に関する談話

                                               平成27(2015)年 7月27日


 

                              

                                            幹事長 石毛しげる(西東京市) 

 

 


 

                              

                  政策調査会長 尾崎大介(北多摩第3(調布市・狛江市))

 

 

 

 昨日26日、調布市富士見町の住宅密集地に、調布飛行場を離陸した小型飛行機が墜落、炎上し、住宅10棟が火災に遭う事故がありました。この墜落事故により、小型機に乗っていた2名と、住民1名の計3名の方々が亡くなりました。また、12名の方々が病院に搬送されました。亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げるとともに、負傷された方々にお見舞い申し上げます。

 


 事故後、私たちは、直ちに現場に赴き、被害状況を確認するとともに、地元消防をはじめ関係機関からの情報収集に努めてきました。

 


 また、本日改めて、調布飛行場を管理・運用する東京都港湾局と、消防・搬送活動を行った東京消防庁から事故状況などの説明を受け、都民の安全確保と情報伝達を含め迅速な対応を求めました。

 


 現在、国の運輸安全委員会による航空事故調査が始まっており、東京都も、事故原因が判明するまで、自家用飛行機の離着陸を自粛するよう、強く求めているところです。

 


 都議会民主党は、今回の原因の徹底究明を強く求めるとともに、東京都が、調布市、府中市、三鷹市の調布飛行場周辺の地元3市との連絡を密にして、事故調査結果などを共有するとともに、再発防止と住民が安心できる体制を構築するよう求めるものです。

                                                                                                                以 上

 

 

 


ページトップ