ホーム > 談話・見解 > 柿沢未途議員の辞職について(談話)

談話・見解

柿沢未途議員の辞職について(談話)

平成20(2008)年2月12日

田中 良(幹事長)

 

 

 

 

都議会民主党
幹事長 田中 良

 

 

 

 

 

本日、柿沢未途議員より議員辞職の申し出がありました。

 

柿沢議員は、9日午後11時ごろ、板橋区泉町の首都高5号線のカーブを曲がりきれず中央分離帯に衝突するという物損事故を起こしました。呼気検査の結果、基準値を超えるアルコールが検出されたとのことです。

 

飲酒運転によって尊い命が失われる事故が相次ぎ、飲酒運転の撲滅が叫ばれている中にあって、その範を示すべき議員がこのような事態を引き起こしたことは極めて遺憾であります。

 

本日、柿沢議員より、「このような事故を起こしてしまい申し訳ない」との謝罪とともに、その責任をふまえ、議員を辞職したいとの申し出がありました。

 

都議会民主党は、議員辞職という重い責任の取り方を本人自らが示したため、これを受け入れることとしました。

 

所属議員が酒気帯び運転を行い、事故を起こしたことについて、都議会民主党としてもその責任を重く受け止め、都民の皆様に心よりお詫び申し上げるものです。
二度とこのような事態が引き起こされることのないよう、今まで以上に綱紀粛正に努めていくことを表明させていただきます。

 

以 上


ページトップ