ホーム > 談話・見解 > 北朝鮮による核実験実施への抗議について

談話・見解

北朝鮮による核実験実施への抗議について

2月13日、東京都議会議長及び副議長並びに都議会各会派幹事長は、別紙の通り、抗議声明を発表しました。

 

〈別紙〉

 

 

北朝鮮による核実験実施への抗議について

 

 

 北朝鮮は、2月12日、核実験を実施したと発表した。

 

 平成18年及び平成21年と過去2回の核実験の際にも、国際社会は強く非難し、東京都議会も厳重に抗議を行った。しかしながら、昨年12月に「人工衛星」と称するミサイルを発射し、我が国を含む国際社会に重大な脅威を与えたばかりであるにもかかわらず、今回3回目となる核実験が行われたことは、これまでの関連する国連安保理決議にも明らかに反するものであり、国際社会に対する重大な挑戦である。

 

 我が国は、広島・長崎への原子爆弾投下によって、多くの尊い人命が失われ、首都東京も戦禍による多大な犠牲を経験したことなどから、都民は、軍縮とりわけ核兵器の廃絶を心から願っている。

 

 北朝鮮が核実験を強行したことは、こうした都民の願いや国際社会のルールや秩序を無視した暴挙であり、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく害するものとして断じて容認することはできない。

 

 よって、東京都議会は、今回の北朝鮮の核実験に対し厳重に抗議する。

 

 政府においては、これまで以上に強力な外交を展開するとともに、関係諸国と連携し、断固とした対応を採るよう強く求める。また、環境面への影響についても十分な調査を行うなど、国民の不安を払拭するよう適切な対策を講じることを求める。

 

  平成25年2月13日

 

 

                             東京都議会議長                中 村 明 彦   

                             東京都議会副議長               ともとし 春 久

                             都議会民主党幹事長             酒 井 大 史   

                             東京都議会自由民主党幹事長        野 島 善 司  

                             都議会公明党幹事長             中 嶋 義 雄

                             日本共産党東京都議会議員団幹事長   大 山 とも子 

                             都議会生活者ネットワーク・みらい幹事長  西 崎 光 子  

                             東京維新の会幹事長             柳ヶ瀬 裕 文

     

 


ページトップ