ホーム > 談話・見解 > 鈴木俊一元東京都知事ご逝去の報に接して(談話)

談話・見解

鈴木俊一元東京都知事ご逝去の報に接して(談話)

大沢昇
   平成22(2010)年5月17日      

 

   都議会民主党  
   幹事長 大沢 昇 (江東区)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日、鈴木俊一元東京都知事ご逝去の報が寄せられました。

 

 鈴木元知事は、地方自治法の制定を手がけたのを始め、戦後日本の地方自治の礎を築かれました。東京都政においても、副知事を二期務めた後、昭和五十四年より十六年間にわたり、殆ど休むこともなく知事の職を務められました。

 

 職務に厳しく、議会答弁に付された「・・など」の中身まで確認するほどの厳しさでした。
 議会で付された付帯決議は必ず誠実に守り、議会の同意を得た副知事を任期途中で更迭することもありませんでした。
 己にも厳しく、生涯、地方自治の発展に尽くされた非凡な方でした。

 

 これまでのご貢献に心から感謝申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

以上


ページトップ