ホーム > 談話・見解 > 臨時会の流会について(談話)

談話・見解

臨時会の流会について(談話)

  大沢昇

 

平成21(2009)年8月10日

 

都議会民主党
幹事長 大沢 昇

 

 

 

 

 

 本日、議会の構成を定める臨時会が流会となった。
 先の都議会議員選挙の結果を受けて、都議会として、まさに「仕事をする体制を整える」という最低限の責務すら果たすことができず、極めて残念な事態である。

 

 原因の全ては、新銀行東京の実質的経営破綻の真相と責任の糾明、築地市場の現地再整備を含めた移転策の再検討を行うための特別委員会の設置に、自民党が最後まで抵抗したことによる。

 

 私たちは、議長、副議長、議会運営委員会、常任委員会という都議会としての最低限の要件だけでも定めるべきである、そのためには臨時会での特別委員会設置について、歩み寄れるところは可能な限り歩み寄るとしたが、自民党は頑として譲らなかった。

 

 自民党がいかに抵抗しようとも、民主党が、二三〇万都民の支持を得た新銀行東京、築地市場という二つの課題についての特別委員会設置という旗を降ろすことはあり得ない。
 先の自民党の敗北が、この民意に背く自民党の姿勢そのものにあったことを理解すべきである。このような姿勢には、来る総選挙において、改めて国民の厳しい審判が下されるであろう。

 

                                                                以 上


ページトップ