ホーム > 談話・見解 > 東京都人事委員会勧告について(談話)

談話・見解

東京都人事委員会勧告について(談話)

田中 良(幹事長 杉並区)

 

 

平成21(2009)年5月15日


都議会民主党
幹事長 田中 良

 

 

 

 


本日、東京都人事委員会が、議会と知事に対して、都職員の6月の特別給を0.20月分、凍結するとの臨時勧告を行いました。


都人事委員会の調査は、人事院による「特別調査」結果と各種情報などを活用して企業の状況を把握し、対応していくとしたものであり、前提となる調査が必ずしも十分であるとは言えません。

しかし、都内経済や企業業績の急激な悪化という事態の中で、民間準拠を基本とする都職員の給与水準を適正に保つため、臨時勧告が行われたことについては理解します。


都においては、今回の勧告を重く受け止め、実施に必要な措置に真摯に取り組まれるよう求めます。

また、都議会民主党は、都議会議員についても、現下の厳しい状況を踏まえた対応が必要だと考えています。

                                                                以 上

 


ページトップ